Octotreeを使うとGitHubが便利になる

はじめに 普段仕事なりプライベートなりでGitHubを使っているかと思いますが、GitHubでソースコードを閲覧するのに不便を感じたことはないでしょうか?例えば何か一つのファイルを開いたとして、別のファイルを開きたいと思った場合そのページを離れて別のファイルの場所まで遷移する必要があります。もしくは別タブで開くこともあるかもしれませんが、その方法だと参照したいファイルが増えるにつれてタブの数も増えることになってしまいます。 そんな時に便利なChromeの拡張機能があります。Octotreeという拡張機能をChromeにインストールすると、エディタやファイラーの様にディレクトリツリーをブラウザ横に表示してくれて、クリックするとフォルダを展開したりファイルへ移動してくれるものです。 Octotree設定方法 全般 まずはChromeウェブストアから「Octotree」を追加して下さい。無料版でも十分に便利ですが有料だと更に検索などの機能が追加されているみたいです。 今回は例としてこちらの「faker-cli」というパブリックリポジトリを見てみます。下の画像の左側の様にディレクトリツリーが表示されているかと思います。 ちゃんとプルリクを見る時にも反映されています。凄い。もしかするとOctotreeからGitHubへのログインを求められるかもしれませんが、その時はログインすると見れます。 GitHubでのアクセストークンが必要な場合 エンタープライズGitHubを利用していたり、チームの運用方針によってはHTTPSでのGitHub認証の際にパスワードでの認証を許可しておらずアクセストークンの発行・利用を義務付けていることがあるかもしれません。普段秘密鍵公開鍵を作成・登録してSSH認証を行っている場合は馴染みがないかもしれません。 その場合は「Settings」→「Developer... 御覧になる | 御シェアする

Chrome拡張機能を作ってみた

はじめに 便利な機能が多いChromeブラウザの拡張機能ですが、自作出来る事をご存じでしょうか。公開するには料金(5$位)と審査が必要ですがローカルで利用する分には作り放題です。そしてChrome拡張は実は優れたフレームワークになっていて簡単に便利な拡張機能が作れたりします。今回は当サイトにアクセスした時のみアラートウィンドウが出る拡張機能を作ってみたいと思います。 必要な物 マニフェストファイルChromeに登録するのに必要実行スクリプトアラートウィンドウを出すJavaScriptアイコン画像128×128 今回必要な物は上記の物です。 開発 ディレクトリ構成は以下の通りです。分かりやすくするため全部同階層にしています。 $... 御覧になる | 御シェアする